川川「木になる」/ Kawa-Kawa “Becomes Trees”

都合により4月27日をもって終了いたしました。

沖縄県内で制作する金城辰海(木彫)と湯浅要(絵画)が結成した新ユニット「川川」。互いの共通するテーマ「身近な人に対する愛情」、「他人の知覚」を共同制作する2人の関係性を通して表現を構築していきます。
Arts Tropical is pleased to present a first solo exhibition of Kawa-Kawa: Artists duo(Tatsumi KINJO + Kaname YUASA) bases in Okinawa, Japan. In this exhibition Kawa-Kawa will present a new installation work will make through their relationship each other.


川川「木になる」 / Kawa-Kawa “Becomes Trees”

会期:2019年4月12日(金) – 4月27日(土)14:00-22:00  *金・土・日曜、祝日のみオープン
料金:ワンオーダー制

Period:12 April, 2019 (Fri) – 27 April (Sat)  *Opens only on Friday, Saturday, Sunday and National holidays
Open Hours:14:00 – 22:00
Admission:1 drink or food order


イベント / Events

●4月12日(金)19:00-21:00  オープニングパーティー / 12 April (Fri)  19:00 -21:00 Opening Party
入場無料 / Entrance FREE
簡単な軽食と飲み物をご用意してお待ちしております。お気軽にお越しください。
We will provide some dishes and drinks. Please feel free to come!

●4月29日(月)19:00-21:00  トークイベント「アーティストとしてはじめるために。」/ April 29 (Mon) 19:00 – 21:00 Talk Event ” To begin Artist-Life”
料金:ワンオーダー制 / Admission: drink or food order
モデレーター:芦立さやか(Arts Tropical)/ Moderator:Sayaka ASHIDATE (Arts Tropical director)
登壇者:川川(金城辰海 + 湯浅要)/ Speaker : Kawa-Kawa (Tatsumi KINJO + Kaname YUASA)

第一部 トーク「大学卒業したけどどうしようか?アーティストってそもそもなに?」
19:00 -19:40
登壇者:川川(金城辰海 + 湯浅要)

第二部 ディスカッション「ぼくらのアーティスト活動」
20:00-21:00
これからはじまるアーティスト活動の未来について、来場者の皆様と一緒に考える場をつくります。


プロフィール

川川(かわかわ / Kawa-Kawa)
2019年に沖縄県立芸術大学を卒業した金城辰海(彫刻)と湯浅要(絵画)によって結成したアーティストユニット。

 

金城辰海(きんじょう・たつみ / Tatsumi KINJO)
1994年沖縄県出身、那覇市在住。2019年沖縄県立芸術大学彫刻専攻卒業。自分の近くにいる人をより知る、より好きになるために、その人物の木彫を抽象的に制作。主な展覧会に「沖縄県立芸術大学 第30回 卒業・修了作品展」(沖縄県立博物館・美術館、沖縄、2019年)、「一人に、ついて」(BARRAK、沖縄、2018年)
Tatsumi KINJO is from Okinawa, 1994 and lives and works in Okinawa. He graduated from Okinawa Prefectural University of Arts (B.A. Sculpture) in 2019. He is making wooden sculptures to understand a person nearby. Selected exhibitions are “30th Graduation Exhibition of Okinawa Prefectural University of Arts” in Okinawa Prefectural Museum and Art Museum (2019) and “About Alone” in BARRAK (2018).

 

 

湯浅 要(ゆあさ・かなめ / Kaname YUASA)
1994年京都府日吉町生まれ。2019年沖縄県立芸術大学絵画専攻卒業。 在学中に映画、CMの監督助手や美術スタッフとして関わる。認知症だった祖母の知覚に興味を持ち、祖母にまつわる映像や写真の作品を制作するが、後に、思い出すこと/忘れること/それらを繰り返すことをテーマとし絵画へと表現を移行する。2014年に手塚太加丸らと共にオルタナティブスペース「BARRAK」立ち上げ、運営。主な展覧会に「白い目」(BARRAK、沖縄、2018年)、「フラグメンツ5」(沖縄県立博物館・美術館 県民ギャラリー、沖縄、2016年)
Kaname YUASA is from Hiyoshi-cho in Kyoto in 1994 and now he lives and works in Okinawa. He graduated from Okinawa Prefectural University of Arts (B.A. Painting). He worked as Assistant Director and Art Staff of Cinemas and CMs when he was a student. He made video works and photos that inspired grand mother’s sence. Recently, He is making Oil Paintings that theme is “Remember / Forget / Repeat”. He organized Artists-run space “BARRAK” with Takamaru TETSUKA in 2014. Selected exhibitions “30th Graduation Exhibition of Okinawa Prefectural University of Arts” in Okinawa Prefectural Museum and Art Museum (2019) and “White eyes” in BARRAK (2018) and “Fragments 5” in Okinawa Prefectural Museum and Art Museum Gallery (2016).


チラシダウンロード(PDFデータ)