嶺井健治 個展「なんかそんな感じ」 Kenji MINEI Solo Exhibition “Something Just Like This”

しばらく沖縄を離れていた嶺井。生まれ育った土地を離れたことで喪失した何かについて立ち止まってゆっくりと向き合い、沖縄にあるごく普通の景色を撮影したシリーズ「Normalized」の発表で、アーティストとしてのキャリアをスタートさせました。1年ぶり2回目にあたる今回の個展では、カメラを置き、1日経過すると自動的に投稿が消えてしまうInstagramの機能”ストーリー”での自身の投稿を素材に、新作を発表します。「撮ること」を広義の意味で捉え始めた嶺井の意欲作をご覧ください。

Kenji MINEI started his career as an artist with the announcement of the series “Normalized”, which he thoughts and shot the ordinary scenery of Okinawa he was born and raised. In this solo exhibition, a new work will be announced based on his own post on Instagram’s “Story” feature, where posts automatically disappear after one day. Please take a look at his ambitious work that began to capture “taking” in a wide sense.


相手がわからず屋なのか、こっちがもっとわからず屋なのか、毎日のように仕事では意見が食い違い、悶々としている。
そんな気持ちをインスタグラムのストーリーに載せていたら、そこそこの量になっていた。きっと明日も悶々として、同じことを繰り返す。(嶺井)


I am suffering from relationship between colleagues in my workplace.
So I posted my feelings on Story of Instagram and I recognized it is many times. I am sure I will be same thing to repeat again tomorrow.(Kenji MINEI)


嶺井健治 個展「なんかそんな感じ」 / Kenji MINEI Solo Exhibition “Something Just Like This”

会期:2019年9月13日(金) – 9月23日(月祝)14:00 – 22:00
入場無料

Date:13th September 2019 (fri) — 23rd September 2019 (Mon)
Entrance Free


プロフィール / Profile

嶺井健治(みねい・けんじ)Kenji Minei

1987年沖縄生まれ。物理学科卒業後、大学院では数学を学ぶ。
大学院は中退するが、これまで学んできた学問のように、実学的ではないこと、「役に立たないこと」を続けていたいと考えていた頃に写真と出会う。
現在は写真だけにこだわらず、ある枠組みの外にあるものを探し、作品を制作している。

Kenji was born in Okinawa island in 1987. He was in master class of mathematics after graduated from Department of Physics. He dropped it out but he met photography when he was wanted to continue thinking about “Useless” in a process similar to academic. Currently he is making art works without sticking only to photographic expression for to search outside of fixed concept.